登山の心構え

スポンサーリンク
登山の心構え

そのガイドは、かかりつけ医なのか、スポット医なのか

槍ヶ岳にチャレンジしてきて、天気も良く、コンディションも2人の体調も悪くないのに、普通に力負けして撤退してきました。 あえて、「普通に」って書いているのは、それが、そもそも想定できていたからです。私も含めた”パーティー”とし...
登山の心構え

しっかりヤマレコ調べて、ヤマテン見て、すべて確認してから行くのが全てではない

そういう登山を否定はしません。むしろ肯定派。事前にヤマテンで天気見て、ヤマレコで直近の記録見て、装備を事前に考える。そういう登山が主流になったことで事故が減ったのも事実。ただ、一抹の不安と寂しさを感じるのも正直なところ。 そういう登...
登山の心構え

手袋だけじゃない。雪山初心者に伝えたい、指先を冷えから守るための4つのこと

今年、冬山山行で激寒が続いています。暖冬なのにね。昨年より寒い山行が多い気がします。雪は少ないけどね。風強い。しかも、昨年よりラッセルしてる気がしてます。めぐり合わせ? 先週末の硫黄岳では極寒強風で、登頂したもののすぐ下山。昨日の那...
スポンサーリンク
登山の心構え

漫然と登山を続けていれば、ジャンダルムや大キレットに行ける実力がつくという幻想

私の富士山ガイドの後輩でmikipediaというブログを書いている植田さんという人がいます。 クライミングと登山の違いはあれど、同じ大学、大学での夏のバイトが同じ、そしてコンサル業を経て、アウトドア業界、というよく似た経歴で、年に一...
登山の心構え

日本の山もまだまだ登ってないから海外登山にチャレンジしない、という間違った思考

先日、キナバルから帰ってきました。 キナバルは、マレーシアの山で、4,095m。富士山よりもちょっとだけ高い山です。難易度だけではなく、1泊2日で登れるところや、頂上でのご来光めがけて登る行程なども富士山そっくり。 で...
登山の心構え

あなただったらあの山登れますよ、と簡単に言ってしまう危険な思考

Yamakaraで、お客様の話を聞いていると、「××に登ってみたいのよね」っていう人に対して、「○○さんだったら大丈夫よー」っていう危険な会話が普通にされています。登山ツアーだけじゃなく、山小屋でも知らない人同士で、「あー意外と大したこと...
登山の心構え

リアルすぎてヤバイ、富士山での滑落事故。この時期行けるところまでいく、の判断はしちゃダメ

今朝、今週末槍ヶ岳に行く、アイゼン初めて、って人がレンタルに問い合わせ来たので、全力で止めていました。 この時期、よく聞かれるのが「行けるところまで行って様子見ます」です。でもね。様子見れるだけの判断がそんなに簡単なら、...
登山の心構え

夏山と同じ思考回路で選ぶとダメ。雪山選びで大事なこと

いよいよ雪山シーズンですね!もうワクワクしている人もいっぱいいるんじゃないでしょうか? うちのYamakaraでも、今日(10/23)、雪山シーズン、来季6月までのツアーの発表があります。 ツアーにご参加の方も、そうで...
登山の心構え

私に××山は行けますか?というガイドへの無意味な質問

私はガイドだから、お客様から「私は××山に行けますか?」という質問をよくされます。その想定がツアーの場合なら、シンプルに体力と技術だけの問題だから即答できます。自分のガイドの時ならば頭の中で即座にシミュレーションして、行ける/難しいの判断...
登山の心構え

また一つ起こってしまった悲しい事故を減らすために、我々は何ができるのか

SNSで流れていた劔で行方不明になっていた女性の遺体発見のニュースに悲しみながら、今、私は「平成30年における山岳遭難の概況」を開いています。 激増している遭難者の数は、遭難者自体が増えただけではなく、携帯電話の通話...
タイトルとURLをコピーしました