登山ブーム?

スポンサーリンク

今日は某雑誌の方と某旅行社の方と打ち合わせでした。ツアーに来るお客さんを増やすためにどういう切り口が良いか、あーでもない、こーでもない、と。
みんな、なんとなく登山がブームっぽいのは肌で感じているんだけど、それを掴む方法が分からない。でも、それって業界全体がそうなんでしょうね。そもそも、ヒマラヤへの憧れが会った世代が残っているので、スカートはいて登ったりするオネーチャンの気持ちは分からない。
といいつつヒマラヤに憧れがある世代じゃない私たち4人(♂)も性別が違うだけでやっぱり分からない、という結論でした。んー、何がきっかけで山に行って、どこで情報を得ていて、何があれば特定の山に来てくれるのか。
標高でもないし、安・近・短かと思いきや休日の予定さえ合えばそれなりに散財する感じだし。
唯一みんなの意見で共通していたのはコレまでの登山家・登山者と言う枠組みでは語れないのだなあ、と。だからどういう枠組みで、というのは結局見えないままでした。
んー。どうなんでしょうか。

スポンサーリンク
山日記
スポンサーリンク
atsushiyamaをフォローする
スポンサーリンク
経営と登山のあいだ
タイトルとURLをコピーしました