グルタミンが安かったから、マイプロテインでまとめ買い

スポンサーリンク

プロテイン話はみんな好きだったりするけど、アミノ酸の話になると種類が多くて一気に複雑になります。世の中、サプリなんてまったく気にしてない人、粉、粒は摂らないけど食事に気を使っている人、プロテイン、マルチビタミンミネラルを飲んでいる人、BCAAまで考えている人、ここまでで大体人類の(大げさか?)99%が収まるんじゃないでしょうかね。今回はそのもう一歩先のグルタミンの話。本当は、BCAAが登山中のモノだとすると、普段使いとしてグルタミンを飲んでもらいたい。飲み始めてからの期間は短くてまだ1年ぐらいだけど、もう手放せなくなっています。

まぁ、その先にHMBもEAAもクレアチンもグリシンもありますからね。知識として広めておいて損はありません。ただ、グルタミンがBCAAぐらい存在感が出てくると、もっとみんな楽に登れるんじゃないかと思っています。

スポンサーリンク

グルタミンとは

グルタミンは、体に一番多く存在するアミノ酸で筋肉の分解抑制や免疫力向上、傷の修復などに効果があると言われています。 体内で合成できない必須アミノ酸ではなく、食事から体内で合成することのできる非必須アミノ酸のひとつです。だから、食事でタンパク質メインの食事を心がけていれば摂取する必要はありません。ほとんどの人は足りてないと思いますが。タンパク質。

また、胃や腸管を守る役割を担っていて、特に腸管のエネルギー源として利用されます。普段からおなかの調子が、という方、ビフィズス菌や乳酸菌もですが、グルタミンもいいと思います。おなかの調子にホントのおススメはプロテクトファイバーだったりするけど。

実際飲み始めて、疲労の回復が早いのは感じます。ただ、それ以上にすぐにわかるのがかさぶたの治りの早さ。アトピーでひっかき傷作ったり、クライミングで擦り傷作ったり、年中あちこちに傷を作っているワタクシですが、グルタミンを飲み始めて、お肌の修復機能が高まったのを感じます。

どのくらい飲んでるの?

私の場合は、プロテインかヨーグルトに混ぜているので、1回10g、1日2回。合計20g摂っています。

筋トレした時はまたプロテインに混ぜるので1回分多くなります。夏の間はなかなか登山ばかりでトレーニング行けていませんが。

BCAAは登山中は摂取しますが、普段はもっぱらグルタミン。プロテイン、ビタミン剤に並んで重要な位置づけです。

無味無臭。プロテインに混ぜてもヨーグルトに混ぜても嫌な感じは全くありません。

いくらぐらいするの?

昔はサプリメント系は海外輸入のほうが圧倒的に安かったのですが、今は日本のサイトでも十分安いです。

今使っているグルタミンが、日本のamazonで買ったアスチリアのモノ。大体500gで2,500円。1g5円。1日100円ぐらい。まぁ、普段使いとしては許容範囲かな。

Amazon | アスリチア グルタミンパウダー 500g | アスリチア(ATHLECHEER) | L-グルタミン
アスリチア グルタミンパウダー 500gがL-グルタミンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

で、今回はキャンペーン中だったのMyproteinで買いました。

500gのグルタミン2つで3,067円。1つ1,500円ですから、かなりお買い得。

私がよく使っている海外輸入サイトは、iHerbvitacostマイプロテインなのですが、vitacost以外はすべて日本語で大丈夫なので、Webで買いものする経験のある人はそんなに抵抗なくお買い物できるかと思います。

Myprotein Japan
お気に入りの商品をゲット。英国発スポーツブランド、マイプロテインの友達紹介制度で特別割引の商品が購入可能です。スポーツサプリメント、ジムやトレーニング用のウェアなどお気に入りを見つけよう!

上記リンクからか、紹介コード【 LWJA-R2 】の入力で、初めての人は500円の割引!

Myproteinは上記3つのサイトの中でもキャンペーンが多くて、常時30-40%の割引のコードを配っているイメージ。まずは、アマウントを作ってメルマガを受信し始めるのがいいかと思います。

すでに使っている人用に、私が今回買ったもののリンクを載せておきますね。

グルタミン

今回の購入のきっかけ。グルタミン。

カゼインプロテイン

私がメインで飲んでいるプロテインはホエイじゃなくてカゼイン。

プロテインクッキー

行動食いろいろ試しているシリーズ。最初は300円近くて高っ、って思ったけど、割引で200円切ってきたので購入。

スポンサーリンク
山サプリ
スポンサーリンク
atsushiyamaをフォローする
スポンサーリンク
経営と登山のあいだ
タイトルとURLをコピーしました