雪山を過度に怖がらずに、赤城山か黒斑山あたりでスタートしてみたらいい

スポンサーリンク

この時期、ニュースで雪山遭難事故が多くなって、ビビりますよね。

こういうニュース見て、「私は冬山はやらないの」っていう人、多いです。でも、もったいない。雪山、いいですよ、空気澄んでるし、夏より景色きれいだし、尻滑りで下りれたりするし、雪をかき氷にして食べられるし(そこ?)。

でも、どんな山から始めたらいいか、ってなかなか情報としてないみたいなので、書いておきます。今回紹介するのは、赤城山か黒斑山。関東近辺情報だけですいません!

スポンサーリンク

雪山を過度に怖がるのは、山を過度に怖がる人と同じ心理

「私、山登りなんて怖いからやらない」っていう人は世の中にいっぱいいます。そして、そういう人たちを、「山登らないなんて、もったいない」って言っている山登る人もいっぱいいます。その山登っている人の中に、「私、雪山なんて怖いからやらない」って言っている人たちがいっぱいいます。わかりますか?同じ構図です。

食わず嫌いはもったいない。そして、山登りしている時点で、ポテンシャルは大いにある。あとは機会と巡り合うかどうかだけです。

確かに、夏山ほどどこから始めてもいいわけじゃない。その怖さは正しいものです。だから、今回、ぜひここから、という山を2つ紹介します。黒斑山、赤城山、です。

どういう山がいいか

人がある程度多くて、歩行時間が短くて、危険な場所がほとんどなくて、絶景が見れる、で絞りましょう。八ヶ岳の坪庭や北横、入笠山とかもいいと思いますが、とりあえず、今回は黒斑と赤城をご紹介。八ヶ岳よりも北にあって、雪がつくのが早いのでシーズン最初の練習にいいでしょう。

装備レンタル付!山頂からの絶景を目指して「入笠山」 スノーシュー(ワンデー) | 登山装備無料レンタル付ツアー・ヤマカラ - Yamakara
入笠山山頂記念撮影
装備レンタル付!気軽に白銀の世界を楽しむ「八ヶ岳・坪庭」(ワンデー) | 登山装備無料レンタル付ツアー・ヤマカラ - Yamakara

黒斑山は、登山口が浅間2000のスキー場のすぐ近く。標高が高いので、12月にしっかり雪がつくことが多いです。

赤城山は1月入ってからかな。標高が低いので、雪がつくのは少し遅れます。

黒斑山はこんな感じ

[ 2月25日 黒斑山山行1 ] 順調に登頂!

うちの5歳児でも登れます。子供の場合、大人用の軽アイゼンがちょうど靴底の全面につくので、紐締めの経アイゼン使うといいです。

服装は、スキーウェア。もちろん山のウェアに比べて動きやすさとか、暑いときの対処とか機能性は劣りますが、まったく問題なし。

[ 2月25日 黒斑山山行2 ] いつもの尻滑りー

下りは尻滑り―。

この時は、皿とスプーンと練乳持って行って、かき氷食べほうだーい、でした。

うちのツアーもありますよ。新宿発9,800円、レンタル付き!

装備レンタル付!黒斑山雪山登山(ワンデー) | 登山装備無料レンタル付ツアー・ヤマカラ - Yamakara
※スノーシューやアイゼンも無料装備レンタルございます。Photos

赤城山の場合

[ 2月4日 赤城山山行01 ] 冬の赤城山登山開始直後

登山口からしっかり雪です。これは2月頭。

[ 2月4日 赤城山山行05 ] 雪食べて一休み

途中、雪食べて一休みして。

最後はお兄ちゃん、お姉ちゃんに置いて行かれて、泣きながら登頂!

[ 2月4日 赤城山山行07 ] 泣きの赤城山登頂

頂上は絶景。

[ 2月4日 赤城山山行08 ] 頂上の絶景の中ちょこ。

そして、下山は尻滑り。

[ 2月4日 赤城山山行10 ] 順調に尻滑りー

こちらも。 新宿発9,800円、レンタル付き!

装備レンタル付!百名山・軽アイゼンで行く雪の赤城山(黒檜山に登る)(ワンデー) | 登山装備無料レンタル付ツアー・ヤマカラ - Yamakara

天気予報しっかり見て、日帰りで、防寒対策しっかりすれば過度に怖がる必要はない

日帰りの山で、防寒対策しっかりして。そして、天気予報しっかり見ていい日を選びましょう。夏山と違って、悪天も経験、ではありません。特に最初は。

行ってみると、素晴らしい世界が広がっていますよ。自然への畏怖の念は忘れずに、でも食わず嫌いにならないように。ぜひ新しい世界の扉を開いてみてください。

スポンサーリンク
山ツアー案内
スポンサーリンク
atsushiyamaをフォローする
スポンサーリンク
経営と登山のあいだ
タイトルとURLをコピーしました