常に危険と隣り合わせだという忘れがちなこと

スポンサーリンク

明日から白峰三山の予定だったのですが、天気図とにらめっこ。金曜の前線通過が確定的になった時点で中止の判断をしました。北岳から間の岳までの稜線上で前線通過だとさすがにひとたまりもありません。もし前線通過が後にずれ込めば農鳥に閉じ込められることもあり得ます。農鳥好きのワタクシでも、さすがに連泊は、、、(以下略

スポンサーリンク

農鳥小屋に連絡した時に聞いた話

農鳥小屋の深沢さんによると、農取周辺で、今年8月だけで3人亡くなり、2人がまだ捜索中だそうです。そういえば北岳では雷で亡くなったニュースがあり、農鳥の先の笹山でも遺体が見つかっていました。

死亡の大学生、頭部に雷直撃 北岳で遭難 | 南アルプスNET|南アルプス市芦安山岳館
 南アルプス市芦安芦倉の北岳で、東京都世田谷区の男子大学生が死亡した山岳遭難で、頭部に雷が直撃したことによる落雷死であることが、南アルプス署の8日までの調べで分かった。 同署によると、現場は稜線で、大学生はサークル仲...
不明70代男性か山中で遺体発見 | 南アルプスNET|南アルプス市芦安山岳館
 早川町内の笹山に登っていた富山県高岡市の70代男性が行方不明となった山岳遭難で、南部署は5日、同町奈良田の山中で男性とみられる遺体を発見した。同署が身元と死因を調べている。 同署によると、遺体が見つかったのは奈良田...

深沢さんからは、「お宅がこの天気で中止にするなんて珍しいなー。まぁ、8月に入って事故が立て続けに起こっているから中止にするほうが賢明かもな。お宅が来るのを楽しみにしとったから残念だけど、また来てくださいよ」と言っていただきました。

シミュレーションできないガイド仕事はできない

確かに、過去もっとひどい予報の天気の時に農鳥までたどり着いたこともあります。じゃあ、なぜ今回中止にしたか。

ただ、私が毎回大切にしているのは、自分自身で最悪のケースのシミュレーションができるかどうか。体力なくてもあってもいいのですが、知っているお客様ばかりならば、何か起こった時の対処法も想像がつくし、どのぐらいのペースならば離れずついてこれるか、最悪休憩なしで歩き続けても何時間なら大丈夫か、などが分かります。隊を切り分けてもこの人だったらスタッフ的に動いてくれる、とかって考えているお客様もいたりします。そうすると、多少の悪天予想でも行けるだろう、となります。昨年の裏銀座や、今年の6月の白峰三山などはそういう考えでした。

一方で、知らないお客様やご一緒した回数が少ないお客様、簡単に言うと私の頭の中のデータベースに入っていないお客様が多くなると判断はどうしても厳しめになります。

ともに、考えているのは安全に進めるにはどうするか、天気がいいときばかりだと気づけない、本当は常に危険と隣り合わせであるということ。天気がいいときだって本当は同じなのですが、悪天でリスクを直視しなければならないようになると、より一層シビアに考えなければなりません。

実は、今回初顔合わせのお客様が比較的多くて、こういう判断に至りました。

ツアー以外で行くときは同じ思考を持ってほしい

ガイド付きツアーで行くときは、想像つかないからチャレンジしてみる、ということもあるでしょうし、勧められるがままということもあるでしょうし、自分自身のシミュレーションができていなくてもいいと思います。できているに越したことはないですが。

ただ、仲間内の山行やソロ登山なんかの場合は、ぜひ行く前に一通り、何時にどこを通過するかとか、どの時間を越えたらエスケープするとか、小屋発を何時まで遅らせることができるとか、そういうことをしっかり考えてから行ってください。特に100%好天予想、というとき以外は。

8月に入ってから死亡、行方不明になっている人たちだって、事故る直前まではきっと自分がまさか、って思っていたと思うんです。どんなに自信があっても、大丈夫だと思っていても、常に危険と隣り合わせ。北アルプスよりは格段に入山者数が少ないであろう南アルプスで1月に5人もの人に重大事故が起こっている、かなりの確率です。深沢さんから聞いて、改めて気を引き締めなければならないと思いました。

それでも最後に

「事故の話して、いやな話をしちゃって悪かったね」だそうです。やっぱりいい人だ。

9月はツアーで行くぞー。

装備レンタル付!南アルプス北部主稜線の縦走に挑戦「白峰三山」3日間 | 登山装備無料レンタル付ツアー・ヤマカラ - Yamakara
山日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
atsushiyamaをフォローする
スポンサーリンク
経営と登山のあいだ
タイトルとURLをコピーしました