普段着登山!

スポンサーリンク

普段着登山なるものが流行のようです
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/report/?id=20091204-00000729-r25
確かに、高尾山に筑波山だと普段着登山で行ます。この前筑波山に行ってきましたが、
いざとなればケーブルカーやロープウェーで降りられるし、トレッキングシューズも要らないし、
雨具も別に傘で大丈夫です。
私ももうすぐ2歳になる子供をおんぶして登って、寒くなってきたからケーブルカーで降りてきました。
その割には景色もなかなかで手ごろ感としては十分な山登りでした。
山業界としては、この高尾山、筑波山に登っている人たちにいかに次のステップへ行ってもらうかが重要です。
記事では「高尾山」「富士山」「屋久島」が流行だそうで。確かに色々な人に聞いてもそういう話は聞きます。
でも、実際高尾山に行った人の何人が屋久島まで行くのだろう?行くと素晴らしいところですが、
「行こう!」と思うまでのステップは結構ありそうです。
今私がやろうとしているその先のキナバル、キリマンジャロになるとそのうちの何人が。。。。
それにしても普段着登山。ネーミングがなかなか秀逸だと思いませんか?
キナバルだって現地の人はサンダルのクロックスで上り下り。それだって普段着登山の一環。。。。という風には思えないか。

スポンサーリンク
山日記
スポンサーリンク
atsushiyamaをフォローする
スポンサーリンク
経営と登山のあいだ
タイトルとURLをコピーしました