毎年キロロに来て思うこと

スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。
2015年の日本時間の年明けは、キリマンジャロ下山直後のバスの中で過ごし、現地時間での年明けはホテルのバーでお客様と登頂の祝杯をあげていました。いろいろありましたが、2日に帰国、3日から北海道・キロロに家族旅行に来ています。
この時期に家族で北海道に来るのは昨年に続き2度目。長男と長女がアニーキッズアカデミーというスキースクールにお世話になっていて、昨年とってもよかったので、スクール推しでスキー場を決めた感じです。スクールだけでなく、旅行に出ると和室、という我々家族の好みの部屋がゲレンデサイドの、しかも1階にあって、滑らない次女1歳8ヶ月を夫婦で交代で子守りするのにも条件にぴったりで、来年以降もここにお世話になりそうです。
毎年、この時期に北海道に来ると、もう日本の観光業は日本人のみを相手にするのでは無理があるんだろうな、ということを感じます。ニセコほどじゃないのでしょうが、キロロでも肌感覚で言うと2割程度が外国人、特にアジアからの旅行客が、団体、個人問わずにいる感じです。
北海道のスキーリゾートが比較的外国人対応に成功しているのは、スキー業界の内需の凋落が激しく、外に目を向ける必然性があったことがあるのでしょう。もともとの山容や雪質などのコンテンツが非常によいことも相まって、少なくとも外国人が外国人向けのサービスを始めることを排除しなかった、というのがよかったのだと思います。もちろん、いろいろ現場でいろいろ紆余曲折があったのは容易に想像がつきますが、今のところ、成功例と言えるのではないでしょうか。
転じて、山業界の話。一部の山小屋では今年の夏の悪天候などを受けて、多い日では2割程度が外国人で占められたこともあったようです。が、まだまだ外国人対応に積極的とは言いがたい状況です。英語HPを立ち上げているところも少ないでしょうし、英語がしゃべれるガイドや英語ツアーをどこで見つけてよいかもよくわからない状況です。やれることがまだまだ山積みです。
内需が大きすぎると、グローバルに戦うことをやめてしまい、ガラパゴス化してしまうのは他業界でも見てきた流れです。内需がこれから先ある程度伸びる予測があれば、それも一つの道かもしれません。が、日本の人口が減少していくという条件の中で戦わなければならないとすると、ガラパゴス化=先細り、ゆでがえる、と言い換えられるでしょう。つまり、現状維持をもくろむとしても、外需対応は必然の流れです。業界への経済の流入は大雑把に言って顧客単価×人数で表されるわけで、人口減を前提とすると、顧客単価を上げていく施策となりますが、「公平」の名の下に、富裕層だけをターゲットにしたサービス、というのを嫌うこの業界では、人数の方を調整する、つまりインバウンドを加えていく、というのが生き残るシナリオだろうと私は見ています。
観光業全体で言えば、冨山和彦さんの「なぜローカル経済から日本は甦るのか」で言うところのローカル経済に属していながらグローバル経済で戦わなければならないという2面性を持っており、ローカル経済のスピード感に慣れてしまうとグローバルにおいていかれると言う難しさがあります。
ただ、一方でスキーと同じく、日本の山にはコンテンツの素晴らしさがあります。この強さを活かして、いかに戦っていくか、ということが大事になるでしょう。

うちの「やまどうぐレンタル屋」では2割弱のお客様が外国人です。もともと、レンタル事業を立ち上げた時に考えていたターゲットは「初心者」と「外国人」でしたから、私としてはまだまだ少ない数字です。前者はかなり広げてきた気がしますが、後者はまだまだこれからでしょう。今年は、こちらの対応を進めていきます。もちろん、レンタル事業のみならず、2の矢、3の矢を放っていきます。
2020年に向けて、といういったんのタイムリミットが切られている中、じっとしている暇はありません。今年も頑張っていきます。

家族のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
atsushiyamaをフォローする
スポンサーリンク
経営と登山のあいだ
タイトルとURLをコピーしました