やまどうぐレンタル屋の人がスキーのシーズンレンタルをした件

スポンサーリンク

昨年、北海道に家族旅行に行って。もともとはカシオペアに乗りたかったのですが、全然とれなくて、行きを船で、帰りを北斗星にして、さ、北海道で何をしようか、と。往復の足がメインだったもので、とりあえず、足だけ決めて、アクティビティを後から考えたのですが。やっぱり北海道に行ったらスキーかな、と1日だけキロロに行きました。
こっちもスキーは全く素人なので、子供2人スキースクールに入れて、眺めていた訳です。当時、長男の樹が5歳、長女の純が3歳。純はすぐに泣いて止めちゃうかな、とか思って親はドキドキしながら見てたら、2人ともはまってはまって。
特に樹は、その後もスキーに行くようになり、北海道旅行中にも、札幌ばんけい、帰った後も、私と2人で、越後中里、佐久パラダ、石内丸山、と毎週のようにスキーに行きました。
で、毎回レンタルするのもコストがかかるし、どうせ上野に住んでて上野から新幹線で行くのだから、今年はスキー買っちゃおうか、という話になったのですが、子供はサイズ変わるし、シーズン終わりにメンテナンスもできない、ということで調べてたらシーズンレンタルなるものがあるんですね。便利。しかも、結構いろんな業者がある!
レンタル屋がレンタルする訳です。ドキドキ。結構お客様側の目線が分かった部分もある気がするので、メモ。
1) 実際に見れたらそれが一番の決め手
都内にお店があったら即決だったと思います。特に靴は不安。ワンサイズアップとかと言っても、どんな感じか分からないし、お店の人に、「これぐらいですねー」と言ってもらえる安心感ったらハンパないですね。うちの新宿店に並ぶお客様の気持ちがよくわかりました。が、結局調べててもなかったので、配送できる所から選びました。
2) コストはそんなに大きな決定要素ではない
いろいろ調べるのがとっても面倒で細かい規約とかそれによる値段差とかはあんまり気になりませんでした。これは、シーズンレンタルとワンタイムのレンタルでちょっと違うかも。シーズンだとどうせ長くつきあうものだから、ちょっとした価格差よりも安心感の方がより重要。
3) やっぱり口コミがでかい
他の人が借りているブログとかを拝見しました。こういうのは参考にしちゃいますね。ステマかもしれないけど。
4) 商品数は少ない方がいい
これは私も最初から思っていることで、誰を相手にするかで変わると思うんですが、初心者相手にする時に、ロシニョールだアトミックだって言われてもよくわかりません。「これが初心者に一番いいセットです」って渡されるのがいい。そういう意味ではいろいろ選べる、というのはマイナス要素が大きいと思います。モンベルセットだ、ノースフェイスセットだって要らない。
5) 現地にお店があるとより安心
そもそもスキー場でシーズンレンタルやってくれたら、そのスキー場に毎回通うのに、と思いました。軽井沢かパラダあたりでやってくれないですかね。やっぱり販売以上にネットだけで完結するのがちょっと不安、というのが非常によくわかりました。
やまどうぐレンタル屋でいうと、新宿店、五合目店と出店してきた方向性は間違ってなかったなぁ、と改めて思うとともに、来年は電話をもっととれるように体制を整えなければ、と改めて思いました。
さ、初滑りはどこにするかなー。

スポンサーリンク
家族のこと
スポンサーリンク
atsushiyamaをフォローする
スポンサーリンク
経営と登山のあいだ
タイトルとURLをコピーしました